So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

2018.1205 O.A イベントで感じたこと

普通のシマ.jpg 怒ってるシマ.jpg
今回は、以前この番組でご紹介いただいた「魚トリトリアゲアゲ大作戦」の結果と
11月初旬に開催された「エンジン01文化戦略会議」で講演なさったことについて。
初企画はどうやら大成功のようです。

続いて、講演で語りきれなかったことを含め、野生動物との距離感について。
上の写真は左側が普通のシマフクロウ、右側が怒ったシマフクロウです。

確かにシマフクロウを含む野生動物たちを知ってもらうには、見てもらうことも重要な要素の一つ。
でもその見せ方が問題なのです。
野生動物と人間との距離感。程よい距離感は人間側が考えなくてはならない大きな問題なのは間違いのない事実だと思います。

※写真は渡辺有希子氏からお借りしました。

2018.1121 O.A シマフクロウの魅力

IMG_4442.jpg IMG_4443.jpg
ここまで好きになるとは予想もしなかったとおっしゃる渡辺獣医。
シマフクロウが大大大好き!!

シマフクロウの魅力って・・・
成鳥はとても凛々しく神々しい。翼を広げると180cmくらいになる世界最大級のフクロウです。

一番は格好よさ。でもちょっと鈍臭いところもあるのが守ってあげなければ・・と思わせる鳥と。
彼らは全道で60家族くらいしかいないそう。そのうちほとんどが道東に生息しています。
今、手を差し伸べなければ、いつ絶滅してもおかしくないという状況なのです。

※写真は渡辺有希子氏からお借りしました。

2018.1107 O.A エゾフクロウの卑怯な可愛さ?!

IMG_4440.jpg IMG_4441.jpg

猛禽類医学研究所では様々なグッズを今までも販売してきました。
もちろんその売り上げの一部は薬代や餌代になっています。
ただ、何よりも猛禽類の魅力を知っていただきたい!少しでも多くの方の目にとまってほしい!という気持ちが強いのです。
そんな中、シマフクロウがなかなかその魅力を伝えるのが難しい・・・
エゾフクロウは見た目がとても可愛い・・・
大きさの違いはもちろんあるのですが、何と言っても印象的な目。黒くてクリクリの大きなおめめです。

もしかすると一番目にする機会があるのがエゾフクロウかもしれません。
写真家の作品の中でもその被写体になっている割合が高い鳥です。
ただ、やはりフクロウは夜行性なので本来的には会うことが難しいというのは言えるようです。

※写真は渡辺有希子氏からお借りしました。

2018.1031 O.A 今年もシーズン突入です

IMG_4438.jpg IMG_4439.jpg
10月1日から北海道では、エゾシカの猟が解禁になりました。
北海道では所持することすら許されなくなった鉛弾。でも未だ鉛中毒に苦しむ猛禽類はゼロにはならないのです。

猛禽類は、胃酸濃度が高いので、すぐに溶けてしまい、身体中に毒がまわってしまうのです。
鉛中毒で苦しむ猛禽類は鉛弾を使用しなければなくなるはずなのです。
原因と対策が分かっているのですから、やるべきことは決まっていると思うのは私だけでしょうか?


※写真は渡辺有希子氏からお借りしました。

2018.1017 O.A ロシアからのお客さま

DSC02562.jpg PC240088.jpg
ロシアからお二人の方がいらっしゃいました。

シマフクロウの保護増殖に関わる視察ということで、北海道にいらしたお二人。
彼らトリたちに国境は関係ありません。
私たち人間が手を携えてできること・・・それは一体どんなことなのか?

種の保全という大前提の前に人間ができることとは?
人間が守らなければならないものとは何なのでしょう?

※写真は渡辺有希子氏からお借りしました。

2018.1003 O.A 魚トリトリアゲアゲ大作戦

魚トリトリアゲアゲ大作戦 チラシ.jpg RIMG0354.jpg
新企画です。
センターにいらっしゃる方の中でリクエストの多い「ワシたちが餌を食べているところを見たい!」に応えてスタッフが考え出した企画なのです。

ワシたちに自分たちが釣った魚を与える・・・
一体どんな形で彼らにプレゼントできるのでしょう?


※写真は渡辺有希子氏からお借りしました。

2018.0919 O.A 停電・・・その時センターは?!

IMG_4033.jpg IMG_4034.jpg

長い停電の時、鳥たちはどんな生活を送っていたのでしょう?

一番心配だったことは、センターにいる鳥たちの餌と冷凍庫の中のこと。
幸い、最悪の事態は免れたそうですが・・・
鳥たちは特にストレスを受けた感じはせず、一番あたふたしたのは人間たちだったのかもしれません。

※写真は渡辺有希子氏からお借りしました。

2018.0905 O.A センターに行っても良いですか?

IMG_3934.jpg IMG_3935.jpg
釧路市北斗にあるワイルドライフセンター。
果たしてここって入って行って良いのかしら?・・と思っている方も多いはず。
今日はセンターのお話しです。

IMG_3936.jpg IMG_3937.jpg
より皆さんに多くを知っていただきたいということで、
センターでのお話しや、外に出ての講演会など様々なことを常になさっています。

詳しくはこちらを・・・
http://www.irbj.net/

※写真は渡辺有希子氏からお借りしました。

2018.0829 O.A スズメのぴよきち


スズメ雛.jpg P3210218.jpg

スズメのぴよきちの思い出話。
そんなスズメが本当にいるの?って思わず聞いてしまいました。
様々な動植物の能力を知らないのは人間たちだけかも・・・なんて思った私です。

※写真は渡辺有希子氏からお借りしました。

2018.0815 O.A 昔ばなしを少し・・・

2004年 入社2年目.jpg

渡辺獣医が入社して2年目の写真、2004年のことです。
実は学生の時には臨床ではなく、アザラシ(ゼニガタアザラシ)のDNAなど保全に関わる色々を研究なさっていたそうです。

続いて、猛禽類以外の一般種と呼ばれる鳥に関してのお話しを・・・
DSC_6651.jpg P8161135.jpg
この写真は、油汚染されたオオセグロカモメ、と洗っている最中の写真です。


※写真は渡辺有希子氏からお借りしました。

前の10件 | -