So-net無料ブログ作成

2016.1221 O.A 慶輔獣医からのお知らせ!

今回はこれからの時期増えてくるオオワシ・オジロワシの列車事故や交通事故についてのお話しから。

通報が遅れたことにより、救われるはずの命が救われないこともあります。

もし傷ついたオオワシやオジロワシ、シマフクロウを見かけた方は・・・
環境省 釧路湿原野生生物保護センター 0154-56-2345
もしくは、猛禽類医学研究所 0154-56-3465へ一報をお願いいたします。
この番号は日曜、祝祭日、お正月も関係なく、直接つながります。

もう一つのお知らせは、猛禽類医学研究所のホームページがリニューアルされました。
ぜひ一度ご覧になってください。
アドレスはこちらです。
http://www.irbj.net
また、グッズも新しいものが増えています。
シマフクロウのチビ関連のクリアファイルやポストカードも・・・
さらに、12月25日までキャンペーンを実施中です。
ケガや病気で入院中の動物や、後遺症により野生に帰れなくなってしまった動物に、大好物の活魚をたくさん購入し、
お年玉としてプレゼントする企画です。
詳しくは上記のアドレスをチェックしてみてくださいね!
k1.jpg k2.jpg

※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。
nice!(1) 

2016.1207 O.A とうとう北海道に・・・

2016年12月5日、とうとう北海道に高病原性鳥インフルエンザが上陸しました。
以前お話しを伺った時にはまだ北海道には・・・ということだったのですが。
はやぶさ2.jpg


このような鳥が発見されたということは事実なのですが、ものすごく大慌てすることはないと慶輔獣医はおっしゃいます。

はやぶさ1.jpg 感染防護服を着る練習中の環境省レンジャー.jpg
もともと鳥の病気です。人間がかかることはめったにないそうです。
ただ、もし弱った鳥や死んでいる鳥を見かけた時には直接触ったりすることはないようにしてください。
広がることなく、このまま収束して欲しいと願わずにはいられません。

※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。
※写真はあくまでハヤブサの参考写真と感染防護服を着る練習中の環境省レンジャーです。
nice!(0)