So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.1116 O.A ペアのシマフクロウの放鳥-2

センターでのリハビリが終わり、いよいよ野外へ。
でもすぐに本当の自然界へ・・・という訳にはいかないのです。

14875010_1199969380083385_993808029_n.jpg

10日間近く、山奥で一人でドクターカーの中で過ごされた慶輔獣医。
昼も夜も監視は続きます。

送信機をつけて自然界へ戻ったペアのシマフクロウ。
その場所に定着して、
来年の1月~2月に鳴き交わしをしてくれて、
そして春には子育てをしてくれると・・・プロジェクトは成功となるのでしょう。
段階をおって進んでいきます。
まだまだ追跡調査は続きます。
※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。
nice!(1) 

nice! 1