So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2017.1018 O.A 上橋菜穂子氏の展覧会に呼ばれて

仙台文学館で特別展「上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展」 が開催されています。
その関連事業として慶輔獣医に声がかかり、「野生動物のお医者さん~人と野生動物の境界線に生きる~」という講演会でお話しをなさったそうです。

2.jpg 1.jpg
鳥たちが出しているシグナルについてのお話しもなさったそう。
鳥たちが背伸びをする時に何を思っているのか?
痛みを感じている場合はどうなのか?

とても興味深いお話しをなさっていました。
鳥たちの出しているシグナルは数多くの鳥を診ている獣医だからこそわかること。
また機会があったら、そんなお話しも是非お聞きしたいと思いました。

※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。

2017.1004 O.A 相次いで収容されるタンチョウヒナ

ここ1ヶ月でまだ茶色のタンチョウのヒナが3羽もセンターに収容されました。

1例目は・・・カラスに襲われたヒナ。こちらは無事親元にかえっていったそうです。
1.jpg 2.jpg
2例目は・・・道北で保護されたタンチョウのヒナ。どうやら車との接触事故のようなのですが、下半身付随状態。現在ハンモックで頑張っています。
3.jpg


そして3例目・・・道東で、どうも歩き方がおかしいということで収容されたタンチョウのヒナ。
親元にかえそうと2度ほど試みたそうですが、今のところはうまくいかず、現在もセンターでリハビリ中。
4.jpg

「もちろん治せるものは治す。野生にかえせるものは、かえさなければならないと思っても、まずもって事故を防ぐ。予防。
それを徹底するような生息環境の整備をしていかないと・・・。
タンチョウがこういう形で運び込まれることが今後もあるようであれば、タンチョウの治療やリハビリに適したような施設の整備を整えていかないと、
助かるものも助からなくなる可能性があると思うんです。」

※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。

2017.0920 O.A バックヤードツアー今年も好調&珍客来る?

今年のバックツアーもあっという間に定員に達して無事終了。

1.jpg 2.jpg
今回で正式には2回目になるバックヤードツアー。
今後もっと体験型のツアーを増やそうと考えているそうです。
例えば、簡単な獣医体験や、餌作りや、飼育体験などなど・・・・。

もちろん、バックヤードツアーといっても、すべてをお見せできるものではありません。
その中のひとつにコウモリの赤ちゃんがいました。
しがみついていた母親のお腹から落ちてしまったと思われる、コウモリの赤ちゃんを育てているそう。
18838967_1430266523720335_2043340718940123424_n.jpg

なるべく仲間のもとにかえそうと奮闘中ですが、無事に育って仲間のコウモリたちと仲良くやっていくことができるのでしょうか・・・。

※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。

2017.0906 O.A 慶輔獣医の高校時代は・・・

夏休みを利用して、全国から今年も小・中・高・他学生さんが猛禽類医学研究所にいらっしゃいました。
今年は慶輔獣医の高校時代の同級生もお見えになったとか・・。
ご自分の学生時代を振り返るきっかけになったみたいです。

高校時代から慶輔氏は獣医を目指していたのでしょうか?

2017.0830 O.A 側溝にはまったオジロの巣立ちビナ

側溝にはまり、身動きがとれなかったオジロのヒナが収容されました。
ドクターカーでうけとり、脱水と貧血の症状がひどかったヒナ・・・
01.jpg 02.jpg
少しずつ元気を取り戻し、活魚を与えてみたところ、見向きもしません。
困り果てるスタッフ

考えあぐね、野生復帰できない鳥たちの中で、お母さん役をしてくれそうな鳥を見つけ、彼女にその役をやってもらおうと考えました。

03.jpg 04.jpg
上の右の写真をじっくりご覧ください。
ピーピーと大人のオジロに駆け寄っていくヒナとそれを見守る母親役のオジロのメス。
成功です!
すべて試行錯誤の結果です。
今までやったことのないことをやってみる。その結果を情報として発信する。
そして、野生に戻ることのできない鳥たちがまたここでも役に立ってくれたのです。

※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。

2017.0816 O.A 大・中・小のオジロワシのヒナたち

オジロワシのヒナの捕獲調査のお話しです。

01.jpg 02.jpg 03.jpg 04.jpg

05.jpg

調査のタイミングをどの時期にするのか、3兄弟となるとその時期の判断がとても難しいそうです。
確かに身体の大きさにも違いがありますし、巣立ちの時期をどう判断するのか。
考えに考え、巣に向かった日の朝、大ヒナは巣立った後だったそう。
まさにこちらの動きをしっかりチェックしていたみたいですね。
3兄弟のオジロのヒナ、何事もなく、すくすく大きく育ってほしいものです。

※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。

2017.0802 O.A 暑い日、鳥たちはどうしてる?

暑い日、鳥たちはどうやって過ごしているのでしょう?
やはり木陰に逃げ込む???


1.jpg 3開口呼吸.jpg
このように口をあけて呼吸することも・・・でもシマフクロウは大変そうですね。

2.jpg

逆に寒い日は、どんなことをして寒さをやり過ごしているのでしょう?
オオワシは雪山にダイビングして遊んでいる?
証拠写真はないそうですが、何度も慶輔獣医はご覧になっているそうです。
ちょっと想像できないのですが、楽しそうに雪の中で遊ぶオオワシたち。
他に彼らの泳ぎについてのお話しもしていただいたのですが、どちらも写真がないのです。
いつの日かこのブログに写真をアップできることを期待して収録終わりとなりました。

※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。

2017.0719 O.A センターでのエサの話し

現在、環境省釧路湿原野生生物保護センターには、シマフクロウ3羽(チビを含む)と野生にかえることのできないワシを含め40羽の鳥たちが暮らしています。
なるべく飼育ストレスを減らしてあげたいと、旬の食材を与えることを心がけていらっしゃいます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
色々な方の協力があって、彼らに旬の自然に近い形でのエサが提供されているのです。
1日に800gから1kgのエサを食べる彼ら、それを管理するスタッフの一面が今回のお話しでおわかりいただけたのでは?と思います。

5.jpg 6.jpg 7.jpg 8.jpg

※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。

2017.0705 O.A 頭の白いオジロワシを放鳥

羅臼で保護され、リハビリを終え放鳥したオジロワシのお話しです。

IMG_8613.jpg IMG_8617.jpg

上の写真からも特徴的な頭の白さがはっきりわかります。
下の写真は、放鳥した時のものです。
IMG_8616.jpg

おそらくこのオジロワシは10歳以上の成鳥。繁殖している可能性もあるとのこと。
今回は幸いにして早く処置ができ、リハビリ期間も短く自然界に戻すことができましたが、この原因を作ったのはやはり私たち人間です。
私たち人間が少しだけ、お隣さんのことを気にかけることができたら、このような事故は少しずつ減っていくのかもしれません。
IMG_8614.jpg IMG_8615.jpg

※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。

2017.0621 O.A 最近、嬉しかったこと

2.jpg

日本野生動物医学会の学生部会の若い方々がセンターにいらしたそう。
そこで嬉しい出会いもあったみたいです。


野生動物との関わりを続けていることで、少しずつ色々なことが認知されてきたことを実感する瞬間です。

1.jpg


※写真は齋藤慶輔氏からお借りしました。
前の10件 | -